So-net無料ブログ作成

床材について [材料]

床材のことを書いていませんでした.

ネットで情報を集めるとともに,いくつか書籍もあたりました.
当初,広葉樹の無垢材に憧れをいだきましたが,我が家がある北国の地では,冬場の床のひんやり感はかなり厳しいものがあります.そこで,”触った感触の温かみ"(と価格)を最優先に選定を重ねた結果,(価格も考慮して)杉材という結論に至りました.

杉の最大のメリットでありデメリットは,その柔らかさであると理解しました.柔らかいから,感触が温かい.柔らかいから簡単に傷がつく.ネットで調べると,子供のいる家庭には不向きとする意見も見られました.しかし一方で,傷を味として楽しめる人なら,これほど素晴らしい材は無い,という意見もありました.子供4人(一番下は当時3歳)をかかえる我が家としては,そのあたりはちょっと悩みました.ただ,最終的には,どんな床材でもうちの子供たちはすぐに傷だらけにしてしまうだろうから,きちんとメンテをして,古くて傷だらけだけど汚らしくは無い(≒貧乏くさくはない)状態を保つことが大事である,という結論に至り,杉材に決めました.

もう一つ,ささやかなこだわりを持ちました.
それは,杉の経年変化を長く楽しむために,和風のテイストに仕上げるということです.これは,杉の床材が足の裏で磨きこまれてつやつやになってきたときに,洋風だとどうしても「古臭さ」が前に立ってしまう気がしました.しかし,和風ならば,例えば古いお寺の廊下などのように,とてもいい雰囲気になると考えたからです(個人のイメージにすぎませんが).それで,和のフローリングと洋のフローリングと何が違うのか調べてみると,どうやら,床板の張り方にあるらしい.具体的には,洋式ではレンガ貼りや乱尺貼りが基本だと思います.大半のウェブサイトでも,このあたりしか記載が見受けられません.しかし,お寺のリフォームの記事などを見ると,端をそろえて,しかもかなり長い1本物の板を整然と貼っているようす.これと同じように貼れば我が家も和風フローリングになるのではないか,と考えました.

そこで,通常は1980mmの材が多いところ,4m材を扱っているところに絞り,かつ,送料がリーズナブルな所を探して,makimokuさんに出会いました.
http://shop.makimokuzai.jp/
無節,15mm厚,4mの材で,1坪単価8千円台中盤というのは,他と比べても破格だと思います.
ウェブサイトには4m材は節ありしか出ていなかったのですが,メールで節なしの4mがないか問い合わせてみると,ありますよ,とのこと.makimokuさんのある宮崎県と私の住む地はほぼ日本の端と端,にもかかわらず,送料は,ほぼ同等の条件で問い合わせた他の業者さんの半分以下でした.
とても丁寧な対応,かつリーズナブルな価格提示をいただいたので,搬入日と材料本数の最終確認の調整だけ待っていただいて,その後,発注させていただきました.届いた材は,欠け等があることを見込んで少し多めにオマケして送ってくれていましたが,実際に欠けがあったのは2本だけ,それも使用上ほとんど気にならないものでしたので,とても良い買い物でした.

4m材は,取り回しが大変でしたが(例えば,反対の端っこをちょっと切ろうと思ったら,板を回せないので,スライド丸鋸と集塵機をいちいち移動させなければいけない,とか),仕上がりはもくろみ通り,すっきりした和のテイストを醸し出してくれました.経年変化が楽しみです.

DSC_1638.JPG
リビングは約3600mmを1スパンで.

DSC_1154.JPG
和室はそれぞれ3540mmを1スパンで,そして2部屋縦向きに板を張ることで,繋がり感が出ました.

最後に.
実は,私が住んでいるところは木工が有名な街でもあり,本当は地場の木材を使いたかったのですが,どう考えても高すぎる材しか見つけられず,断念しました.makimokuさんのような木材屋さんと出会えたのは,素晴らしいことでしたが,自分の所(北海道です)でも針葉樹はあるのに,わざわざ宮崎から取り寄せるというのは,やっぱり無駄な気がしてしまいます.道内の木材流通,もうちょっと何とかならないものでしょうか.




以下,ご参考まで.


世界で一番くわしい木材 (エクスナレッジムック 建築知識|世界で一番くわしい 15)

世界で一番くわしい木材 (エクスナレッジムック 建築知識|世界で一番くわしい 15)

  • 作者: 木の研究会
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: ムック



木材の基本はこの本で学びました.
広葉樹フローリングへの憧れが大いに膨らみましたが,ネット上の価格を検索し,あっさり夢潰えました.


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。