So-net無料ブログ作成
リフォーム ブログトップ

入居時のビフォー・アフター [リフォーム]

アングルも,光の具合も全然違うので反則のような気もしますが,ビフォーアフターの写真を並べてみます.

<リビング>
Before
P1210561.JPG

After
DSC_1134.JPG

<和室1>
Before
P1210576.JPG

after
DSC_1157.JPG

<和室2>
Before
P1210584.JPG

After
DSC_1159.JPG


和室の壁塗り [リフォーム]

我が家の和室はすべて緑色のいわゆる和の壁でした.これをすべて漆喰にして,床のフローリングと相まってさわやかな和室になることを目指しました.

しっくいについてはあまり調べきれなかったのですが,どうも品質がピンキリであるらしいこと,その中には漆喰本来の調湿機能を持たないものがあること,練る作業がかなり大事でかつ大変らしいこと,はわかったので,練り済みで,品質が信用できそうで,価格もそれなりにリーズナブルなロハスウォールさんのものを選びました.
http://www.lohaswall.com/products/shikkui.php
和室2部屋+玄関を塗って,24kg入り(20,520円)を3箱使いました.
マニュアルやウェブサイトにも書いてある通り,塗った後乾くまでは独特の海藻のようなにおいがして少々不安になりますが,乾けばまったくにおわなくなります.

左官道具はロハスウォールさんのセットを買う手もあったのですが,自分で実物を見て買いたいと思い,ホームセンターで適当なコテ,盛り板,ひしゃくを買ってきました.それともちろんマスキングテープも.和室についてはこれだけの道具でほぼ足りました.

作業は,入居前のリフォーム期間,フローリング貼りの合間に行いました.音が出る作業は昼間にできるだけ進めなければならず,音の出ない壁塗りは夜間と早朝に行うことになりました.

<リフォーム作業1日目>
昼間,カーペットはがしに格闘しヘトヘトでしたが,ためしに一面だけ塗ってみることにしました.壁が細かく区切られている真壁だと,マスキングが面倒ではありますが,今回の私のようにまとめて作業ができない状況では,とりあえず1面,と区切りながらできるので助かりました.
やはり最初は厚塗りになってしまい,しまったと思って薄くこそごうとしたら,下地の壁紙の粒粒が漆喰に混ざってしまい,とてもイマイチな状況に.塗った後はあまりこねすぎてはいけないということを学びました.ただ,この壁も,乾いてみれば下の壁紙の粒粒は気にならなくなったので,問題はありませんでした.

<リフォーム作業2日目>
手伝いに駆けつけてくれた長男が,面倒なマスキング貼りをほとんどやってくれました.これは本気で助かりました.あとはひたすら夜と朝,塗り続けます.
DSC_1116.JPG

<リフォーム作業3~4日目>
とにかく淡々と塗り続けます.昼間の床貼りは,肉体的にはそれほどきついものではありませんが,壁塗りはけっこう体力勝負です.漆喰をひしゃくですくい,盛る,それを程よい柔らかさになるまでこねる,そして塗る,を毎晩,毎朝繰り返していると,腕が上がらなくなってきます.何度も心が折れそうになりましたが,幸い壁が細切れなので,「あと1枚やったら終わりにしよう」と頑張ることができました.(そんなことを考えていたので,面積の広い床の間が最後まで残ってしまいました.
DSC_1156.JPG

<完成>
写真の日付で確認すると,結局しっくいを塗り終わったのはリフォーム作業5日目の朝,元の家に戻る日でした.
DSC_1158.JPG
朝5時とかに作業開始してました(これをきっかけに,私は早起き作業習慣がみについたのですが).
DSC_1159.JPG
9時前にはとりあえず塗り終わったようです.
DSC_1157.JPG
最終的には,面積の広い床の間も克服しました.塗ってみると,面積が広いだけにとてもきれいな壁になりました.

漆喰は塗り立てでは少し黄ばんでいるというか灰色がかっていて,乾いたときの目が覚めるような白さとは違います.ですので,乾いたときに,初めて部屋の本当の雰囲気がわかるのですが,この時は時間が無く,とにかく塗って,家を出て,完成形を見たのは入居の時でした.

しっくい塗は,塗筋を全く残さないようにしようとすると,プロの技が必要で,私にはとうていできることではありませんが,”つけた”のか”ついてしまった”のか不明な塗筋を「これは南フランス調なのだ」とうそぶいてしまえば,思ったより簡単に,そしてまったく貧乏くさくない(個人的には安っぽいクロスよりは100倍良いと思っている)壁が手に入ります.これもやってよかったです.

リビング床貼り(5) キッチンとのつながり [リフォーム]

一点,書き忘れていました.
というか,実際,<リフォーム作業4日目>に補足的に行った作業です.

我が家はリビングとキッチンがつながっていて,ほぼ,リビングの一角がキッチンになっているような構造です.なので,キッチンまで通しで床を貼ってしまうことも考えたのですが,無塗装の無垢材をキッチンに使うのはさすがに危険すぎますし,また,自慢の4m材も,実はキッチンまで貼ろうとすると数十センチ足りません.そこで,キッチンとリビングの境界線はそのままにし,リビングには別途コルクを貼ることに決めていました(入居前には間にあいませんでしたが).

P1210565.JPG
入居前の写真.手前の白いカーペットのところまでがリビング,奥の70年代柄のクッションフロアがキッチン.


キッチンの床は,ほとんど厚みのないカーペットと同じような高さでしたので,フローリングを貼るとほぼモロに15mmの段差ができてしまいます.そのままでは躓きます.
いずれ,5mm厚程度のコルクを敷くことを想定し,高さにして10mm分弱ほど,角を落とすことにしました.
今思えば,トリマーでやるのが正しかったような気もしますが,この時は,電動カンナである程度削ったのち(思いのほか切れ味悪く,切り口がぐさぐさになってしまった),電動サンダで整えました.この時に,ひとつ失敗してしまいました.材の角にサンダを当てて,サンダ側も材側も同じ部分が当たる状態でずっと削った結果,気が付いたらペーパーが破けて,サンダ本体のマジックテープ部分まで削れてしまいました.電動サンダは常に動かしながら使わなければいけないということを学びました.

DSC_1161.JPG
板の微妙な長さのずれが,斜めにカットしたことで際立ってしまいました.
残念です.




和室の床貼り(1) [リフォーム]

<リフォーム作業3日目>
リビングの床が完成して勢いに乗ったまま,和室の床貼りに突入です.
しかし,まずやらなければならなかったことは

・まだまだ大量にある床材をいったんリビングに移す
・畳をはがしてどこかに一旦置く

で,これがまたなかなかの重労働でした.

DSC_1140.JPG
とりあえず,床材と畳の移動を終えました.
そこでなにやらあやしい屑を発見・・・
DSC_1143.JPGDSC_1144.JPG

まさかシロアリか??と不安になりましたが,柱が食われている形跡も無いですし,そもそも私の住む北海道では基本的にはシロアリ被害は無いとされています.春になってわかったことですが,この柱のあたりがちょうどアリの通り道になっているようです.このあたりの隙間から,来るわ来るわ,大量のアリ.ただ安心材料は,この時に見かけたアリはシロアリではなくクロアリでしたので,「家に入ってきて不快」ということを除けば,無害のようです.

この日は,このあとホームセンターに行って,根太にする垂木,根太の間に挟む断熱材,そしてアリ駆除スプレーを買ってきました.
アリ駆除スプレーをがっちりかけた後,根太を切って,コースレッドで止めていきます.畳の厚さが約50mmでしたので,30mmの垂木を根太とし,15mmの床材を貼れば45mmで違和感が無いだろうとの計算です.根太は450mm間隔としました.本当は,根太の上にコンパネを捨て貼りした方が良いのだとは思いましたが,コンパネが案外安くないこと,ウェブ上の情報を見ると必ずしも捨て貼りをしなくても問題なさそうなことから,コンパネはやめました.結果として,フローリングの上に打ち付けたリビングと比べると,明らかに床がたわみますが,気になるほどではありません.

この日は,とにかく根太を切って打ち付け切ってしまうことを目標に頑張りました.これができてしまえば,スタイロフォームを切る作業は音が出ないので夜でも早朝でも可能です.時間が有効に使えます.

DSC_1145.JPG

リビング床貼り(4) 完成 [リフォーム]

<リフォーム作業3日目>
この日は朝からひたすら床貼りです.ここでの暮らし,工具の取り扱いにも慣れてきて,なんとかモチベーションも戻ってきました.
しばらくは装飾のないエリアを淡々と貼り付け,最後の難関です.装飾の形を切るのもだいぶん慣れてきましたが,最後の板をはめるのは,少し加工が必要です.
これは,ネット上の知識としては知っていましたが,わりときっちりやらないと案外入らないものだと思い知りました.
原理は簡単です.
図2.jpg
最後の板の裏側に向かって少し削っておかないと,引っかかってハマりません,というそれだけのことです.
なんといっても柔らかい杉なので,押し込めば何とかなるかと高をくくっていたのが間違いでした.全然入りません.きっちり削って,ようやく収めました.

DSC_1138.JPG
こちらはわりとぴったりはまりました.

DSC_1139.JPG
こちらは・・・テレビの裏になることが確定しているので問題なしです.

DSC_1134.JPG
これでようやく,リビングの床が完成しました.達成感,大です.ここまでの作業,半日です.
この日は午後から,和室にかかります.

リビング床貼り(3) 装飾に苦戦 [リフォーム]

<2日目の続き>
まずは,窓際の加工が要らない所から貼り始めました.
初めてブラッドネイラを使ったときは,思ったより衝撃があって,地下室で初めて拳銃を撃ったマイケルコルレオーネ(ゴッドファーザーI)のような反応をしてしまいました.ですが,慣れれば大した衝撃ではありません.あとは,ひたすら根太ボンドを塗って打ち付ける,を繰り返します.ちなみに,窓際のあたりはわずかに4mよりも幅があるため,板を切る必要もなく,どんどん貼っていきました.ちなみに,端っこにできた15cmほどの隙間は,後で端切れを埋めるつもりでしたが,その上に棚を作ったら気にならなくなったので,今もそのままです.
DSC_1121.JPG

窓際のサンルームエリアをある程度貼り終えたところで,最初の難関です.
この家は,窓際のサンルームを増築したそうで,床はリビングからサンルームまで一続きですが,微妙に壁の名残が家の中に残っています.それが,きちんと装飾の施された板で,その形にあわせて床材を切る必要があります.
前日の晩から,手伝いに駆けつけてくれた長男(当時小5)にも目印をつけてもらったりしながら,なんとか形を写し取り,ジグソーで切っていきますが,これがなかなか難しかったです.巾木を外したとしても,ドアの枠とか,こういう部分は残るでしょうから,プロの方はどう処理しているのか気になります.
また,恥ずかしいことに,当時,丸ノコ定規の存在を知らず,無謀にも,何も当てずに純粋な手操作で400~500mmほどの縦挽きをしていました.当然,まっすぐには切れません.ヤスリやカッターを動員して,はめては削り,を繰り返し,なんとかしました.結局,この装飾に泣かされ,この日は夕方ギリギリまで粘りましたが,完成には至りませんでした(夕方の列車で帰った長男も残念がっていました).モチベーションが上がらないこの状況,何とかしたいと思いつつも,これから長い付き合いになるご近所のことを考えると,夜な夜な電動工具を使うわけにもいかず(また,夜は夜で壁塗りの作業がありましたし),悶々としたまま作業を続けました.

DSC_1122.JPG
こういう部分です.この装飾もよく見ると長い年月の中で曲がっていたりするので,サイズを測って直角に切りこんでも,はまりません.苦戦しました.

いま書いていて気づきましたが,これ,同じ形の刃のルータービットがあれば,きっちり行けるんですかね・・・.

DSC_1123-001.JPG
この家のサンルームは日当たりがとても良くて,3月で暖房をたいていないにもかかわらず,昼間はぽかぽかで,長男は早速昼寝してしまいました.

DSC_1129.JPG
もう一息ではあったのですが,ここで終了.イマイチの達成感です.

リビング床貼り(2) 巾木問題 [リフォーム]

<作業2日目>

気を取り直して,作業にかかります.
よく見ると,カーペットの下は合板のフローリングでした.今風のいわゆるフローリングではなく,昔の正方形の板が並んでいるようなやつです.個人的には好きな床なのですが,さすがに表面が接着剤でガチガチになったフロアは修復の使用が無く,予定通り,無垢板を貼ることにします.
朝一でホームセンターに行き,フローリング用接着剤(たしか根太ボンドだったと思います)を購入.接着しなくても良さそうな気はしましたが,根太がどこにあるかわからず,板に打ち付けることから,補強のつもりでした.ただ,後から根太ボンドを使ったところとそうでないところを比べてみると,根太ボンドを使わなかったところはけっこうギシギシ鳴っているようなので,根太ボンドはつけるべきだったようです.

ネットで調べた通り,まずは巾木を外して・・・と思ったら,取れません.あわててネットで調べてみると,うちの巾木は言わゆる「埋め込み巾木」とか言われるもので,巾木の上に石膏ボードや壁材を組み込んでいるので,壁を破壊しないと巾木は取れない仕組みです.今の60年代風プリント合板の壁も気に入っていましたし,それをいったん崩して再度修復する技術も無ければ時間もありません.一瞬悩みましたが,もう仕方がないので,そのまま巾木にぶつけて床を貼ることに覚悟を決めました.
セオリーとしては,床板は壁から数ミリ隙間を作って,材の伸縮幅を取り,その隙間は巾木で隠す,ということになるようです.そこで,巾木にそのままぶつけて施工した場合の心配事は,(1)隙間をほとんど取れない状況で板の伸縮に対応できるか,そして(2)私の技術で,巾木で隠すことなく見るに堪える仕上がりを得られるか,の2点でした.

結論として,(1)については,まだ1シーズンですが,材が湿気を吸ってもっとも伸びると思われる夏場でも,特段気になる軋み,浮き上がりなどは発生しませんでした.ここからは想像ですが,ほとんどの床板が,片側はキッチンとの接合部(切りっぱなし)であったり,作り付け収納の裏側で隙間ができていた(というか材の長さが微妙に足りなかった)りしたことが,結果的に功を奏したのかもしれません.

(2)については,これも結果的にですが,家具をいろいろ配置してみると,巾木と床材がぶつかる部分はほとんど隠れてしまい,気にならなかったというのが実態です.よく見ると,仕上がりの甘さは丸見えですが,普通に暮らしている分には気になりません.結果オーライでした.

DSC_1128.JPG

DSC_1124.JPG

リビング床貼り(1) [リフォーム]

3月某日,ついに工具を積んで新居に乗り込みました.
まずは最優先課題であるリビングの床貼りにとりかかります.

<作業日1日目>
といっても,まずは接着剤でがっちり貼り付けられたカーペットをはがさねばなりません.
これがいきなり大変な力仕事でした.初めは一気にはがそうとしましたが,とても私の力では引きはがせなかったので,1mぐらいの幅で切り目を入れて,少しずつはがすことにしました.はがしたところはスクレーパーで接着剤をできるだけこそぎ落としますが,全部は到底取れません.また,どういう違いなのか判りませんが,接着剤が簡単にはがれる所と,強固にくっついているためにカーペットが破損して床に残ってしまうような所もあり,後者にぶつかるとその対応で何分も格闘しなければなりませんでした.結局初日は,カーペットをはがしたところで終了.

DSC_1114.JPG

何かが出来上がることなく終わる一日というのは達成感が無く,なかなか辛いものでした.かなりブルーになりました.


リフォーム計画(5日間をどう使うか) [リフォーム]

リフォーム作業の大半は,引越し直前の5日間で行うことになりました.消えてしまう有給休暇があったので,それを有効活用しました.

限られた時間で何かをしようと思ったら,ち密な工程表を作るのがセオリーだとは思いますが,なにぶん,フローリング打ちにしろ,壁塗りにしろ,今まで経験したことのない作業なので,ち密に計画を立ててもその通りに進む気が全くしません.仕方がないので,優先順位をつけることにしました.5日後には容赦なく6人分の荷物が入ってきて,生活が始まるわけなので,まずはリビングがトッププライオリティー,次いで特に荷物が多くて後からでは移動が難しい子供部屋(小さい子の方ほど始末が大変),さらにできれば長男の部屋兼私の書斎,夫婦の寝室,という順番にしました.
結果的に,「どうしても」と思っていた子供部屋までは何とか終えることができ,長男の部屋兼私の書斎は入居後すぐに,夫婦の寝室はいまのところ保留(畳だけは新調した)となりました.

このスケジュールに合わせて必要な工具と材料を調達しました.
我が家のリフォームのコンセプトは,お金をできるだけかけずに,でも貧乏くさくはならないように,ですので,私が作業をすることで人件費をゼロにし,技術が足りないところは工具に助けてもらう,そして差額分でできればワンランク上の素材を使う,ということを考えました.具体的には,フローリングの切断用には素人でも直角に切れるスライド丸鋸を買いました.そしてフローリングの釘打ちも最初からエアツールを買いました.今考えても,この投資は正解だったと思います.私がやっても仕上がりに貧乏くささが残りませんでした.そして材料は,フローリングは無垢材(これは予算圏内ぎりぎりでしたが),壁は漆喰ということになりました.厳密に計算はしていませんが,プロに同じものを頼むととんでもない金額になるはずですので,妻も納得です.

DSC_1128.JPG
貧乏臭くない仕上がりの無垢床

DSC_1157.JPG
貧乏臭くない仕上がりの漆喰壁

リフォーム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。