So-net無料ブログ作成
検索選択

リビング床貼り(3) 装飾に苦戦 [リフォーム]

<2日目の続き>
まずは,窓際の加工が要らない所から貼り始めました.
初めてブラッドネイラを使ったときは,思ったより衝撃があって,地下室で初めて拳銃を撃ったマイケルコルレオーネ(ゴッドファーザーI)のような反応をしてしまいました.ですが,慣れれば大した衝撃ではありません.あとは,ひたすら根太ボンドを塗って打ち付ける,を繰り返します.ちなみに,窓際のあたりはわずかに4mよりも幅があるため,板を切る必要もなく,どんどん貼っていきました.ちなみに,端っこにできた15cmほどの隙間は,後で端切れを埋めるつもりでしたが,その上に棚を作ったら気にならなくなったので,今もそのままです.
DSC_1121.JPG

窓際のサンルームエリアをある程度貼り終えたところで,最初の難関です.
この家は,窓際のサンルームを増築したそうで,床はリビングからサンルームまで一続きですが,微妙に壁の名残が家の中に残っています.それが,きちんと装飾の施された板で,その形にあわせて床材を切る必要があります.
前日の晩から,手伝いに駆けつけてくれた長男(当時小5)にも目印をつけてもらったりしながら,なんとか形を写し取り,ジグソーで切っていきますが,これがなかなか難しかったです.巾木を外したとしても,ドアの枠とか,こういう部分は残るでしょうから,プロの方はどう処理しているのか気になります.
また,恥ずかしいことに,当時,丸ノコ定規の存在を知らず,無謀にも,何も当てずに純粋な手操作で400~500mmほどの縦挽きをしていました.当然,まっすぐには切れません.ヤスリやカッターを動員して,はめては削り,を繰り返し,なんとかしました.結局,この装飾に泣かされ,この日は夕方ギリギリまで粘りましたが,完成には至りませんでした(夕方の列車で帰った長男も残念がっていました).モチベーションが上がらないこの状況,何とかしたいと思いつつも,これから長い付き合いになるご近所のことを考えると,夜な夜な電動工具を使うわけにもいかず(また,夜は夜で壁塗りの作業がありましたし),悶々としたまま作業を続けました.

DSC_1122.JPG
こういう部分です.この装飾もよく見ると長い年月の中で曲がっていたりするので,サイズを測って直角に切りこんでも,はまりません.苦戦しました.

いま書いていて気づきましたが,これ,同じ形の刃のルータービットがあれば,きっちり行けるんですかね・・・.

DSC_1123-001.JPG
この家のサンルームは日当たりがとても良くて,3月で暖房をたいていないにもかかわらず,昼間はぽかぽかで,長男は早速昼寝してしまいました.

DSC_1129.JPG
もう一息ではあったのですが,ここで終了.イマイチの達成感です.
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

通りすがり

プロは、枠をフローリングの厚み分掻きこみフローリングを差し込む事が、多いと思います。
by 通りすがり (2016-10-19 18:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。