So-net無料ブログ作成
検索選択

高価な工具代の考え方 [工具]

ここまで書いて,結構高い工具を思い切って買ったものだと我ながら感心してしまいました.でも,「できるだけお金をかけずに,でも貧乏臭くなく」のコンセプトには沿っています.

ここまでに紹介した床貼り用の工具は,大物だけで

ブラッドネイラ:36,000円
コンプレッサー:62,613円
スライド丸ノコ:60,091円

この他に,縦挽きに使った丸ノコ,段差の調整に使った電動サンダー集塵機,その他チューブ類諸々を含めると合計で20万円ぐらいでした.
この他に,床板材が4部屋分で合計21万円(杉無垢・節なし・15mm厚・4m材)かかっています.
リフォーム業者さんに見積もりを頼んだところ,「床貼り(合板)は1部屋大雑把に10万円」と言われましたので,うちの場合は4部屋でざっくり40万円.単純比較で安くなるところまでは行きませんでしたが,ほぼ同じ金額で,床材はワンランク上の無垢板になり,工具は手元に残ることになるので,断然お得という判断です.

工具に20万円を一度に投資するというのは,我が家の日常ではありえない金額ですが,家を買うという,金額が1ケタ違う議論の中だったので,怯まずに判断できたこと,それに築45年の我が家と長く付き合っていくためには,今後も工具の出番はあると確信できたこと,から思い切って購入しました.
実際,入居後も,廃材を利用したウッドデッキや各種棚類,下駄箱類を,安価かつぴったりサイズで製作するうえでこの道具たちが大活躍したことを考えれば,十二分に元は取れていると思います.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。