So-net無料ブログ作成

リビング床貼り(5) キッチンとのつながり [リフォーム]

一点,書き忘れていました.
というか,実際,<リフォーム作業4日目>に補足的に行った作業です.

我が家はリビングとキッチンがつながっていて,ほぼ,リビングの一角がキッチンになっているような構造です.なので,キッチンまで通しで床を貼ってしまうことも考えたのですが,無塗装の無垢材をキッチンに使うのはさすがに危険すぎますし,また,自慢の4m材も,実はキッチンまで貼ろうとすると数十センチ足りません.そこで,キッチンとリビングの境界線はそのままにし,リビングには別途コルクを貼ることに決めていました(入居前には間にあいませんでしたが).

P1210565.JPG
入居前の写真.手前の白いカーペットのところまでがリビング,奥の70年代柄のクッションフロアがキッチン.


キッチンの床は,ほとんど厚みのないカーペットと同じような高さでしたので,フローリングを貼るとほぼモロに15mmの段差ができてしまいます.そのままでは躓きます.
いずれ,5mm厚程度のコルクを敷くことを想定し,高さにして10mm分弱ほど,角を落とすことにしました.
今思えば,トリマーでやるのが正しかったような気もしますが,この時は,電動カンナである程度削ったのち(思いのほか切れ味悪く,切り口がぐさぐさになってしまった),電動サンダで整えました.この時に,ひとつ失敗してしまいました.材の角にサンダを当てて,サンダ側も材側も同じ部分が当たる状態でずっと削った結果,気が付いたらペーパーが破けて,サンダ本体のマジックテープ部分まで削れてしまいました.電動サンダは常に動かしながら使わなければいけないということを学びました.

DSC_1161.JPG
板の微妙な長さのずれが,斜めにカットしたことで際立ってしまいました.
残念です.




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。